レビトラ・ジェネリックの服用体験記

日に日に自信を失って…

私は自慢ではないですが、学生時代は性欲の強かったほうだと思っていました。いつも女性のことを思っているような感じで、朝勃ちは当たり前、1日に何度も勃起してしまい困ったこともしばしばありました。それが30代の後半から40歳に差し掛かったころから性欲がどんどん減退していきました。1日中全く勃起しないことが何日も続くことも多くなったのです。年齢のせいとあきらめたかったですが、若いころを思い出すと「こんなはずでは…」という思いを持ち続けていました。そんな時にインターネットでレビトラジェネリックの一種であるサビトラの存在を知り、個人輸入で取り寄せてみました。

即効性の高さにびっくり

正直、レビトラジェネリックの効果については、取り寄せる前は半信半疑でした。でも購入して、実際に服用してみて股間を軽く触ってみるとムクムク大きくなっていくのがはっきり分かりました。これは私の個人的な見解ですが、触った時の感度も若いころのように敏感になったような気がします。最近全く経験していなかったカチカチの状態、ズボンの中で股間が痛くなるほどでした。

妻にアプローチをかけてみる

ここ数年全く妻とはレスの状態だったのですが、こんな状態になったので思い切って「久しぶりに…」という感じでモーションをかけてみました。妻は最初のうちは軽くあしらっていましたが、ズボン越しからもわかる股間のふくらみに妻もびっくりしていました。夫婦の営みも久しぶりに復活して、直接聞いたわけではないですが、妻の表情を見ているときっと満足していると確信しています。ちょっと倦怠気味で夫婦の会話もなかったのですが、営みが戻ってくると妻がいろいろと積極的に話しかけてくるようになりました。さすがに新婚のころのようなアツアツというところまではいきませんが、それでも昔と比較すると充実した明るい日々を送っています。

エネルギッシュに日々を過ごす

最初のうちはセックスするたびにレビトラジェネリックを服用していました。しかし今では2~3回に1回くらいのペースで、レビトラジェネリックを愛用しています。サビトラなしでも勃起して、妻とのセックスを楽しめるようになりました。私の年代で勃起力が低下して、年齢のせいとあきらめている人はいませんか?サビトラのようなジェネリックであれば、正規の医薬品よりも安く調達できますし、私の体験談上効果もなかなか高いと思いますので、使ってみる価値は十分あります。

レビトラのメリット|バイアグラ&シアリスとの比較

即効性に優れたレビトラ

主要なED治療薬として、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類があります。これから本格的にED治療薬を試してみたいと思っている人の中には、この中のいずれを服用すればいいかで迷っている人もいるでしょう。もし服用してすぐに効果を実感したければ、レビトラがおすすめです。レビトラのメリットとして、即効性の高さがまず挙げられます。

バイアグラの場合、服用してから1時間程度は効果が表れるまで時間がどうしてもかかります。シアリスに至っては、早くても1時間・かかると4時間も効果を実感できるまで時間がかかります。一方でレビトラは、どんなにかかっても服用して1時間も経過すれば効果を実感できるはずです。口コミや体験談を見ると、服用して15~20分程度でムクムク勃起したという話も珍しくありません。うっかり飲み忘れた、たまたまその日出会った人とベッドインすることになった場合でも、直前に服用すればしっかり勃起してくれるでしょう。

食事の影響を受けにくい

バイアグラやシアリスを見てみると、食事をとると先ほど紹介した効果が表れるまでの時間がさらに伸びてしまう恐れがあります。しかしレビトラの場合、食事の影響を受けにくいといいます。このため、食事の前後に服用しても先ほど紹介した即効性は維持されるメリットもあります。女性とベッドインする前に、一緒に食事をしたり1杯飲んだりすることもあるでしょう。そのような場合でもレビトラを服用すれば、女性といい感じになった際にペニスもしっかり応えてくれるはずです。

適度な効果持続時間も魅力

バイアグラの場合、効果があまり持続しないのがデメリットです。バイアグラを服用してから5時間も経過すると効果も薄まってしまうと言われています。しかしレビトラの場合、20mg錠であれば10時間程度効果が持続します。3つのED治療薬の中でも最も持続時間が長いのはシアリスです。20時間程度から最大36時間効果が持続する可能性もあります。ただし一晩妻や彼女と共にするためにED治療薬を服用するのであれば、レビトラの持続時間くらいが適当でしょう。20mgの最大10時間の持続時間であれば、少し前に服用しても大丈夫でしょうし、1回行ってもう1度求めた・求められた場合でも対処できるでしょう。

レビトラは即効性の高さが魅力的です。飲んでいきなりガツンと効果を実感したい、スポーツカータイプのED治療薬を求めているのであれば、3つのED治療薬の中ではレビトラがおすすめといえます。

レビトラって5mg、10mg、20mgがあるけどどうやって使い分けるの?

まずはレビトラ5mgから使ってみる

ED治療薬として高い効果の期待できるレビトラは、5mg・10mg・20mgの3種類がラインナップされています。これからレビトラを使ってみたいと思っている人の中には、この3種類のうちいずれを服用すればいいか迷う人もいるでしょう。レビトラはEDに対する効果が期待できる半面、副作用のリスクもあります。レビトラの主成分であるバルデナフィルの含有量の多いもののほうが副作用のリスクが高く、なおかつ強くできる可能性が考えられます。そこでレビトラ初心者は5mgから使ってみるのがおすすめです。5mgであっても効果を実感できる人もたくさんいて、勃起力が低下している人でもカチカチまで改善できます。

もし5mgを使っても思った効果が出なければ、10mgを使ってみてもいいでしょう。ちなみに日本人とレビトラの効果の関連性について調査も進められていて、10mgで多くの人が効果を実感している、しかも副作用の少ないことも立証されています。しかし10mgでも効果がなければ、20mgの使用も検討してみるといいでしょう。

作用持続時間が長いのは20mg

レビトラはバイアグラと比較するとより長時間効果が持続すると考えられています。レビトラ5mgの場合、服用してから20分くらいで効き目が出てきます。そして45分くらい経過したところで、その効果はマックスに達します。そこからは徐々に効果が弱まっていって、服用してから4時間も経過すると勃起効果は十分でなくなります。レビトラに含まれるバルデナフィルの含有量によって、この効果のあらわれ方は若干異なり、バルデナフィルの含有量が多ければ多いほど、効果の持続時間が長くなります。

10mgの場合、5~6時間程度効果が持続します。それが20mgになると、約10時間効果が持続するといいます。例えばレビトラを服用する人の中には一戦交えるだけでなく、連続もしくは少し休憩してもう1回戦したいと思っている方もいるでしょう。その場合レビトラ5mgだと2回戦以降は勃起がうまくできないかもしれません。しかし20mgを服用すれば、複数回チャレンジしても十分勃起できる可能性が高いです。

ピルカッターを使ってみよう

人によっては「今日は10mg使いたいけれども、いつもは5mgでいいか」と思う方もいるかもしれません。その場合にはピルカッターを有効活用することです。ピルカッターで半分に割れば、レビトラ10mgであれば5mgも簡単に服用でき、おすすめです。

バルデナフィルってED治療以外にも効果があるの?

バルデナフィルと早漏防止

レビトラの主成分であるバルデナフィルはED治療薬に特化しているといいます。例えばバイアグラの主成分であるシルデナフィルは高血圧治療薬としても活用されています。そのほかにシアリスの主成分のタダラフィルについても肺高血圧や前立腺肥大の治療薬として承認を受けています。しかしバルデナフィルの場合、ED治療薬のレビトラとしてだけ承認を受けています。このため、ED治療に特化した成分と言われているわけです。しかし細かく見ていくと、ED以外にもいくつか効果の期待できる側面もあります。

その中でも男性にとって魅力的なのは、早漏改善効果でしょう。実はいくつかの実験の結果、バルデナフィル10mg以上を摂取すれば、射精までの時間を延ばせる可能性のあることが立証されています。本格的な早漏治療薬と比較すると効果は大きくはありませんが、EDのほかに早漏も悩みの種というのであれば、レビトラによって両方解決できるかもしれません。バルデナフィルで硬い勃起を長時間持続できるため、それによって射精までの時間を長くできるのではないかと見られています。

女性にも効果が期待できるの?

バルデナフィルは主に男性のEDへの効果のある成分です。しかしインターネットを見てみると、女性にも一定の効果が期待できるのではないかという話も出てきています。そのカギを握っているのが、女性器についているクリトリスです。女性ならご存じでしょうが、クリトリスは性的な刺激を受けると男性のペニス同様勃起します。クリトリスもペニスと一緒で海綿体によって構成されているからです。もしレビトラを服用すれば、血流がよくなってクリトリスが勃起しやすくなります。女性は感じるとクリトリスが勃起すると言われていますから、レビトラを服用することで女性の感度が増し、セックスの時にエクスタシーに達しやすくなるのではないかというわけです。

媚薬的な効果は期待できない

バルデナフィルには女性の感度を上げて、性的快感を高める効果は期待できるかもしれません。しかし媚薬のような興奮剤のような効果はないと見られています。ですから気になる彼女にレビトラを飲ませても、その女性の性欲は増進できないでしょう。男性も同様です。精力減退気味なので、レビトラを飲んでみたいと思っている人もいるでしょう。しかしレビトラはあくまでも勃起力を高める効果があるだけで、精力そのものを高めるわけではありません。この部分も勘違いしないようにしましょう。

レビトラの有効成分バルデナフィルについて

レビトラの主成分・バルデナフィル

ED治療薬として日本で初めて認可されたのがバイアグラです。そしてバイアグラに次いで開発・認可されたED治療薬をレビトラといいます。レビトラはドイツのバイエルというところが開発しました。レビトラでは主成分として、バルデナフィルが配合されています。バルデナフィルの働きは基本的にはバイアグラのシルデナフィルと一緒です。構造的に見てもシルデナフィルとバルデナフィルは酷似しています。

バルデナフィルの効果とメカニズム

男性のペニスは性的な興奮を覚えると陰茎に血液が流入して、海綿体が固く膨張し勃起を催します。しかし勃起をしても射精する、しばらく放置することで萎えていきます。これはPDE5という酵素の一種による働きによるものです。EDの方の場合、このPDE5の働きが強すぎてそのことが勃起を妨げている可能性が考えられます。レビトラの主成分・バルデナフィルにはこのPDE5の働きを阻害する働きがあります。その結果、勃起しやすい環境を作り問題なくセックスできるような環境を作るのです。ちなみにバルデナフィルの効果については臨床試験が国内外で数多く実施されます。その結果、大体70~90%の割合で効果が確認されています。

ちなみにこのPDE5の阻害はバイアグラの主成分であるシルデナフィルも一緒です。しかしシルデナフィルと比較して、バルデナフィルのほうが体内に吸収されるスピードが速いです。このため、即効性という部分ではレビトラのほうが一日の長があるといえます。またバイアグラと比較すると、レビトラのほうが食事などの影響を受けにくいです。さらにバルデナフィルは臓器選択性に優れています。臓器選択性とは特定の臓器にだけ影響を与えられる性質を指し、バルデナフィルはペニスの海綿体以外には作用を起こしにくいのです。このため、副作用のリスクも少ないので安心して摂取できます。

レビトラの意味

レビトラとはラテン語で「男の生命」という意味合いがあります。この意味合いだけでも効果が期待できそうなイメージがあるでしょう。またバルデナフィルには勃起力を回復させるだけでなく、射精時間を延長できるのではないかと言われています。つまりEDだけでなく、早漏に対しても効果が期待できるかもしれません。レビトラは20mgのものが一般的ですが、バルデナフィル10mgでも一定の早漏改善効果の可能性があると言われています。

レビトラの製薬会社バイエルってどんな企業?

レビトラのメーカー・バイエル製薬

ED治療薬の中でも日本でバイアグラに次いで認可されたレビトラを製造しているのはバイエルです。バイエルとはドイツに本社を置く化学工業・製薬会社です。1863年に創立されましたので、150年以上の歴史を誇ります。解熱鎮痛薬として今でも用いられているアスピリンを開発したメーカーとして知られています。アスピリンは関節リウマチ・歯痛・関節痛・腰痛・頭痛・月経痛・術後疼痛など幅広い症状に対して効果がある薬です。バイエルは日本でも事業展開していて、バイエル薬品として大阪に本社があります。また滋賀県の甲賀市には工場も設置しています。

紆余曲折したアスピリン

先ほど紹介したようにバイエルではアスピリンを世界で初めて開発しました。解熱鎮静剤として世界中で使われるようになり、とくにアメリカでは高い人気を誇りました。アメリカの売り上げだけでも、全世界の1/3を占めるところまでいったほどです。しかしバイエルはドイツのメーカーだったこともあって、ドイツの第一次世界大戦での敗北もあって商標を取り上げられてしまいました。それだけでなく、今では日本でも広く知られている十字の社章や社名すらも手放さざるを得ませんでした。しかしその後、これら手放したものをすべて取り戻すことに成功しました。

レビトラ開発秘話

レビトラはバイエルが開発したと広く知られています。しかし厳密にいうと、バイエルのほかにもいくつかの企業が合同で商品開発を進めています。バイエル以外では、イギリスのグラクソ・スミスクラインとアメリカのシェリング・プラウという企業が関わっています。あまり日本では知られていない社名かもしれませんが、グラクソ・スミスクラインはヘルペスの治療で知られるゾビラックスやバルトレックスなどを製造販売しています。

またシェリング・プラウという社名は知らなくても、コパトーンという日焼け止めは聞いたことがある、実際に使っている人も多いでしょう。このコパトーンのメーカーです。そのほかにもフットケア商品のブランドとして有名なドクターショールのメーカーでもあります。このような世界的な有名企業のサポートを受けながら、バイエルはレビトラを作ったわけです。また有名企業は商品開発に携わっているので、ED治療の面でも高い効果が期待できます。よって世界中でこのレビトラを愛用する男性は数多くいます。

レビトラ・ジェネリックを取り扱う数少ない販売店

ベストケンコーならレビトラジェネリックがある

レビトラジェネリックを主に製造していたインドで特許の規制があるなどで、生産量が激減しています。その結果、EDジェネリックを取り扱っている個人輸入代行業者でもレビトラジェネリックの取り扱いが少なくなっています。どこのサイトにアクセスしてもレビトラジェネリックが見つからないというのであれば、ベストケンコーを利用してみてください。ベストケンコーでは、レビトラジェネリックを各種取り扱っています。ベストケンコーではまとめて購入すると割引が適用されます。ですから必要な分を一気に購入したほうがお買い得になるわけです。

ベストケンコーで取り扱っているレビトラジェネリックは?

ベストケンコーでは、いくつかの種類のレビトラジェネリックを取り扱っています。その中でどれを購入するか、内容量や価格などいろいろな面で比較して選ぶといいでしょう。

サビトラ10

サビトラはレビトラジェネリックの中でも有名な医薬品です。これから服用しようと思っている人がいれば、サビトラ10がおすすめです。レビトラの有効成分であるバルデナフィルが10mg配合されています。

サビトラ20

先ほど紹介したサビトラ10では思うような効果が表れなかった場合、バルデナフィル20mg配合されているサビトラ20がおすすめです。効果が強かった場合、ピルカッターなどで半分にカットして服用するのもいいでしょう。

サビトラマックス

EDだけではなく早漏にも悩みを抱えているのであれば、サビトラマックスを使ってみるといいでしょう。先ほど紹介したレビトラジェネリックに加えて、早漏防止成分も配合されているので2つの悩みを一気に解消できます。ダポキセチンという脳の興奮を抑制する成分が配合されていて、この働きによって早漏を抑制できます。

ジマトラ

ベストケンコーで取り扱っているレビトラジェネリックはサビトラのほかにも、ジマトラがあります。ジマー・ファーマというメーカーで製造したジェネリック医薬品で、レビトラの主成分・バルデナフィルが20mg配合されています。イギリスのメーカーですが、日本語の説明書がついているので、初めて購入する人でも服用方法で戸惑うこともないでしょう。

ベストケンコーではこのように各種レビトラジェネリックを取り扱っています。当面販売は継続されるというので、レビトラジェネリックがなかなか入手できない人はチェックしてみてください。

多くのレビトラジェネリックが市場から姿を消した理由

レビトラジェネリックが品薄の状態に

ジェネリックのED治療薬は価格が安いので、個人輸入で取り寄せている人も多いでしょう。しかしレビトラジェネリックが近年手に入らないという嘆きの声もしばしば聞かれます。レビトラジェネリックは市場から姿を消していて、個人輸入通販サイトを見ても売り切れのところも少なくありません。なぜこのようなことが起きているのか、それはレビトラジェネリックそのものが製造・販売中止になっているからです。

インドがレビトラジェネリックを支えてきた

レビトラジェネリックを見てみると、インドがかなりのシェアを誇ってきました。ところがこの主要生産国のインドでレビトラジェネリックの製造が中止になりました。その結果、市場に出回る量も激減して品薄の状態が続いているのです。なぜインドの生産量が減少したのか、それはインドの特許のルールが変更されたためです。

インドで法律が変更された

インドでレビトラジェネリックが作られるようになった時、インドでは製造特許に関するルールはありませんでした。このためジェネリック医薬品を製造するにあたって、何も障壁はありませんでした。ところがインドでも法整備が進み、製造特許に関するルールも新しく設定されました。法改正の前からレビトラジェネリックは製造販売されていたので当初適用外でしたが、レビトラのメーカーであるバイエル製薬が新しく特許を取ったため、ルールが適用されるようになりました。このような背景があって、インドでレビトラジェネリックを製造できなくなったわけです。

バイエル製薬の圧力が強まった?

レビトラジェネリックの製造が難しくなった背景として、先ほども少し触れましたがレビトラの製造元であるバイエル製薬のプレッシャーがきつくなったからが挙げられます。ほかの国では特許によってバイエルの権利が守られていました。ところがインドにはその法律がないので、自由にジェネリックが作れました。ジェネリック医薬品は商品開発費がかかっていないので、圧倒的に安い値段で販売できます。これではバイエル製薬からみれば不平等に感じるはずですから、バイエル製薬はインドのレビトラジェネリックメーカーに直接圧力をかけたという話もあります。このためレビトラジェネリックの中でも一番人気だったバリフが最初に品薄になったのも、目立つ存在だったため最初に圧力を受けた可能性は高いです。

サビトラのQ&A

サビトラの飲み方

夜に自信がなくなって、インターネットで見かけたサビトラを使ってみようと思っています。サビトラを服用するにあたって何か注意すべきことはありますか?

ベッドインの前に飲むこと

サビトラは勃起力アップなどに高い効果が期待できます。しかし飲んですぐに効果が出てくるわけではありません。大体2時間くらいはかかると思って、少し前に飲むように心がけましょう。サビトラは結構食事に影響されるところがあって、脂っこい食事をすると効果に少し時間がかかるかもしれません。3時間前くらい時間を空けて服用するのがおすすめだと思います。できればサビトラを服用した前後は食事をしないほうがいいです。しかしもしどうしても食事をしてからベッドインする必要のある場合には、食事の前20~30分くらい開けて飲みましょう。この時も脂っこいボリュームのある食事ではなく、軽めのものを取るように心がけてください。

サビトラがおすすめの人

自分は勃起しても十分な硬さにならずに、セックスに自信が持てません。インターネットで見かけたサビトラを使ってみようと思うのですが、自分に効果がありますか?サビトラは具体的にどのような人向きなのかお教え願えませんか?

EDに悩んでいる人なら十分効果に期待が

いわゆるED・勃起不全に悩んでいる人であれば、サビトラを服用することで悩みを解消できる可能性は十分あります。性的な興奮を覚えても勃起しない、質問者のように十分に硬くならない場合には、サビトラを服用してみる価値は十分あります。そのほかには中折れといいますが、勃起して挿入はできるけれども射精する前に萎えてしまうケースにもおすすめです。働き盛りの方でEDに悩むケースも珍しくありません。そのようなEDの中でも心因性といって、メンタル面が原因となっているケースも結構見られます。このような人にも、サビトラはお勧めといえます。サビトラを服用して勃起すれば成功体験となって、自分を取り戻せます。そしてEDの症状そのものを解消できる可能性も十分考えられます。

赤ちゃんへの影響は?

子作りをするためにサビトラを使用しようと思っています。もしサビトラを使って子どもができた場合、胎児に影響はありませんか?

母子ともども影響なし

サビトラのようなED治療薬を摂取してセックスし、その結果女性が妊娠しても胎児に影響はありません。もちろん母体への影響もないので、心配する必要はありません。

タダシップのQ&A

タダシップの値段の問題

タダシップはシアリスと同じようなED治療薬と聞きました。インターネットで価格をチェックしてみたのですが、400円ちょっとで1錠が販売されていました。シアリスは1錠1700円くらいで販売されていたので、かなり価格が安いです。ここまで値段が安いと本当に服用して問題がないのか不安になってしまいます。シアリスとタダシップの違いはどこにありますか?

ジェネリック医薬品なので基本的な効果は一緒

確かにシアリスと比較すると、タダシップはかなり値段が安いので最初戸惑うかもしれません。しかしタダシップはシアリスのジェネリック医薬品で、同じ成分によって作られています。ですから基本的な効果はシアリスもタダシップも一緒です。シアリスは一から商品開発をしています。このため、値段に開発費が上乗せされています。一方のタダシップの場合、すでにできているシアリスのレシピを使って製造しているだけなので、商品開発の費用が掛かっていません。このため、値段が安くなるわけです。シアリスは黄色っぽい・タダシップはオレンジ色をしている、刻印の内容くらいが両者の違いだと思ってもらっていいでしょう。

タダシップには精力増強効果などは期待できますか?

中年に差し掛かって、どうも疲れやすくなって精力減退気味です。このままではいけないと思って精力増強効果のある医薬品を探しているのですが、タダシップにはそのような効果が期待できるでしょうか?

精力増強効果はタダシップにはなし

タダシップはタダラフィルという成分が主に配合されています。この辺はシアリスと一緒です。このタダラフィルには、PDE5という酵素を阻害する働きがあります。勃起を促すためにはcGMPという物質が必要です。ところがPDE5にはこのcGMPを分解してしまう効果があり、勃起を鎮めてしまいます。タダシップを摂取することでPDE5の働きが低下し、勃起力強化や勃起の持続力を向上できます。しかしタダシップには、性欲を増進するとか、媚薬のような性的な興奮を引き出すといった効果はありません。

もちろんタダシップを摂取しただけで自分の意志と関係なく、勝手に勃起を催すといったこともありません。性的に興奮した・性的な刺激を受けたら、勃起しやすくなる医薬品です。タダシップは一度摂取すると24~36時間にわたって効果が持続すると言われていますので、連戦をこなすことも十分可能です。