多くのレビトラジェネリックが市場から姿を消した理由

レビトラジェネリックが品薄の状態に

ジェネリックのED治療薬は価格が安いので、個人輸入で取り寄せている人も多いでしょう。しかしレビトラジェネリックが近年手に入らないという嘆きの声もしばしば聞かれます。レビトラジェネリックは市場から姿を消していて、個人輸入通販サイトを見ても売り切れのところも少なくありません。なぜこのようなことが起きているのか、それはレビトラジェネリックそのものが製造・販売中止になっているからです。

インドがレビトラジェネリックを支えてきた

レビトラジェネリックを見てみると、インドがかなりのシェアを誇ってきました。ところがこの主要生産国のインドでレビトラジェネリックの製造が中止になりました。その結果、市場に出回る量も激減して品薄の状態が続いているのです。なぜインドの生産量が減少したのか、それはインドの特許のルールが変更されたためです。

インドで法律が変更された

インドでレビトラジェネリックが作られるようになった時、インドでは製造特許に関するルールはありませんでした。このためジェネリック医薬品を製造するにあたって、何も障壁はありませんでした。ところがインドでも法整備が進み、製造特許に関するルールも新しく設定されました。法改正の前からレビトラジェネリックは製造販売されていたので当初適用外でしたが、レビトラのメーカーであるバイエル製薬が新しく特許を取ったため、ルールが適用されるようになりました。このような背景があって、インドでレビトラジェネリックを製造できなくなったわけです。

バイエル製薬の圧力が強まった?

レビトラジェネリックの製造が難しくなった背景として、先ほども少し触れましたがレビトラの製造元であるバイエル製薬のプレッシャーがきつくなったからが挙げられます。ほかの国では特許によってバイエルの権利が守られていました。ところがインドにはその法律がないので、自由にジェネリックが作れました。ジェネリック医薬品は商品開発費がかかっていないので、圧倒的に安い値段で販売できます。これではバイエル製薬からみれば不平等に感じるはずですから、バイエル製薬はインドのレビトラジェネリックメーカーに直接圧力をかけたという話もあります。このためレビトラジェネリックの中でも一番人気だったバリフが最初に品薄になったのも、目立つ存在だったため最初に圧力を受けた可能性は高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です