レビトラって5mg、10mg、20mgがあるけどどうやって使い分けるの?

まずはレビトラ5mgから使ってみる

ED治療薬として高い効果の期待できるレビトラは、5mg・10mg・20mgの3種類がラインナップされています。これからレビトラを使ってみたいと思っている人の中には、この3種類のうちいずれを服用すればいいか迷う人もいるでしょう。レビトラはEDに対する効果が期待できる半面、副作用のリスクもあります。レビトラの主成分であるバルデナフィルの含有量の多いもののほうが副作用のリスクが高く、なおかつ強くできる可能性が考えられます。そこでレビトラ初心者は5mgから使ってみるのがおすすめです。5mgであっても効果を実感できる人もたくさんいて、勃起力が低下している人でもカチカチまで改善できます。

もし5mgを使っても思った効果が出なければ、10mgを使ってみてもいいでしょう。ちなみに日本人とレビトラの効果の関連性について調査も進められていて、10mgで多くの人が効果を実感している、しかも副作用の少ないことも立証されています。しかし10mgでも効果がなければ、20mgの使用も検討してみるといいでしょう。

作用持続時間が長いのは20mg

レビトラはバイアグラと比較するとより長時間効果が持続すると考えられています。レビトラ5mgの場合、服用してから20分くらいで効き目が出てきます。そして45分くらい経過したところで、その効果はマックスに達します。そこからは徐々に効果が弱まっていって、服用してから4時間も経過すると勃起効果は十分でなくなります。レビトラに含まれるバルデナフィルの含有量によって、この効果のあらわれ方は若干異なり、バルデナフィルの含有量が多ければ多いほど、効果の持続時間が長くなります。

10mgの場合、5~6時間程度効果が持続します。それが20mgになると、約10時間効果が持続するといいます。例えばレビトラを服用する人の中には一戦交えるだけでなく、連続もしくは少し休憩してもう1回戦したいと思っている方もいるでしょう。その場合レビトラ5mgだと2回戦以降は勃起がうまくできないかもしれません。しかし20mgを服用すれば、複数回チャレンジしても十分勃起できる可能性が高いです。

ピルカッターを使ってみよう

人によっては「今日は10mg使いたいけれども、いつもは5mgでいいか」と思う方もいるかもしれません。その場合にはピルカッターを有効活用することです。ピルカッターで半分に割れば、レビトラ10mgであれば5mgも簡単に服用でき、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です